photo
    (最終更新日:2022-07-11 15:42:33)
  ヤマモト リュウイチロウ   YAMAMOTO RYUICHIRO
  山本 隆一郎
   所属   社会学部 人間心理学科
   職種   教授
■ ホームページ
   江戸川大学睡眠行動医学研究室
   Google scholar citation
   publons
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ researchmap研究者コード
B000236050
■ 科研費研究者番号
30588801
■ 学歴
1. 1998/04~2001/03 駒場学園高等学校 卒業
2. 2001/04~2005/03 早稲田大学 人間科学部 人間健康科学科 卒業 学士(人間科学)
3. 2005/04~2007/03 早稲田大学 人間科学研究科 人間科学専攻 修士課程修了 修士(人間科学)
4. 2007/04~2010/03 早稲田大学 人間科学研究科 人間科学専攻 博士課程修了 博士(人間科学)
■ 職歴
1. 2008/04~2010/04 国立障害者リハビリテーションセンター学院 視覚障害学科 非常勤講師
2. 2008/04~2010/09 産業能率大学 情報マネジメント学部 兼任講師
3. 2009/09~2010/03 早稲田大学 人間科学部 eスクール 教育コーチ
4. 2010/04~2010/08 日本大学 医学部 社会医学系 公衆衛生学分野 専修研究員
5. 2010/04~2010/09 横浜創英短期大学 情報学科・看護学科 非常勤講師
全件表示(17件)
■ 社会における活動
1. 2015/04~2016/03 新潟県立看護大学倫理委員会学外委員
■ 所属学会
1. 2005/04~ 日本心理学会
2. 2006/12~ 日本行動医学会
3. 2016/07~2020/06 ∟ 評議員
4. 2007/03~ 日本健康心理学会
5. 2017/07~2021/06 ∟ 編集委員
全件表示(19件)
■ 委員会・協会等
1. 2017/06/02~ 流山市補助金等審議会 委員(学識経験者)
2. 2018/04~2021/03 文部科学省 科学技術・学術政策研究所科学技術予測センター 専門調査員
■ 学内役職・委員
1. 2016/04/01~2018/03/31 江戸川大学 キャリアサポート委員会
2. 2016/04/01~2018/03/31 江戸川大学 図書館運営委員会
3. 2016/04/01~ 江戸川大学 睡眠研究所
4. 2018/04/01~2019/03/31 江戸川大学 研究推進委員会
5. 2018/04/01~2019/03/31 江戸川大学 情報化推進委員会
全件表示(8件)
■ 現在の専門分野
臨床心理学, 公衆衛生学・健康科学, 応用健康科学 (キーワード:認知行動療法、睡眠行動医学) 
■ 研究テーマ
1. 2011/04~2014/03  大学生を対象とした不眠の自己対処プログラムの開発 若手研究(B) 
2. 2012/04~2014/03  児童と保護者の睡眠問題に関する基礎的研究-小学校における睡眠健康教育の確立に向けて 機関内共同研究 
3. 2012/04~2015/03  女子学生の食行動異常予防に関する基礎的研究 基盤研究(C) 
4. 2013/04~2017/03  不眠症患者における睡眠評価の歪みを説明する要因の解明 若手研究(B) 
5. 2014/04~2016/03  児童と家族の睡眠習慣の関連性に関する記述疫学的研究-小学校における睡眠健康教育の確立に向けて(Ⅱ) 機関内共同研究 
全件表示(17件)
■ 授業科目
1. 基礎ゼミナールA
2. 基礎ゼミナールB
3. 健康・医療心理学
4. 心理演習
5. 心理学的支援法
全件表示(11件)
■ 資格・免許
1. 2008/04/01 臨床心理士
2. 2019/02/05 公認心理師
3. 2019/04/27 専門健康心理士
■ 著書・論文・その他
1. 著書  快眠研究と製品開発、社会実装:生体計測から睡眠教育、スリープテック、ウェルネス、地域創生まで   (共著) 2022/06
2. 著書  睡眠学第2版   (共著) 2020/11
3. 著書  毎日しっかり眠って成績を伸ばす 合格睡眠   (共著) 2020/10
4. 著書  ギフティッド その誤診と重複診断: 心理・医療・教育の現場から   (共著) 2019/09
5. 著書  「思考力」を育てるー上越教育大学からの提言1ー   (共著) 2017/06
全件表示(53件)
■ 学会発表
1. 2022/09 睡眠の乱れが認知機能に与える影響は年齢層で異なるか?Web 上でのStroop 課題と睡眠習慣アンケートを組み合わせたインターネット調査による検討(予定)(日本心理学会第86回大会)
2. 2022/06 with/post コロナ時代にどのような睡眠教育が必要か?(日本睡眠学会第47回定期学術集会)
3. 2022/05 大学生における通常生活時の睡眠習慣が選択的注意機能に与える影響(第40回生理心理学会大会)
4. 2021/11 日本健康心理学会における利益相反と職業倫理:学会会員間の考え方の共有と研究活動の促進を目指して(話題提供:心理学関連領域における利益相反管理に関する現状と展望)(日本健康心理学会第34回大会)
5. 2021/09 COVID-19の流行に伴う睡眠習慣の変化とwith/postコロナ時代の睡眠教育(日本睡眠学会第46回定期学術集会)
全件表示(87件)
■ 講師・講演
1. 2011/07 学習・行動理論
2. 2011/08 行動療法-学習理論による精神障害の理解と援助-
3. 2012/06 健康行動理論に基づいたセルフマネジメント~児童生徒の生活習慣の確立を目指して~
4. 2012/06 不眠症の認知行動療法
5. 2012/07 “こころ”と“からだ”の健康
全件表示(139件)
■ 教員審査
1. 2014/09 兵庫教育大学 大学院連合学校教育研究科 博士課程教員審査 (D合)
■ その他
2014年2月 新潟県自殺予防対策推進宣言団体(いのちとこころの応援団)への登録(現在に至る)