photo
    (最終更新日:2021-10-12 17:10:11)
  ミタニ アヤカ   MITANI AYAKA
  三谷 彩華
   所属   センター 国際交流センター
   職種   助教
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ researchmap研究者コード
B000308409
■ 科研費研究者番号
20831960
■ 学歴
1. 2009/04~2013/03 青山学院大学 教育人間科学部 教育学科 卒業 学士
2. 2013/04~2015/03 早稲田大学大学院 日本語教育研究科 修士課程修了 修士
3. 2015/09~2021/09 早稲田大学大学院 日本語教育研究科 博士課程単位取得満期退学
■ 職歴
1. 2016/04~2018/03 一般財団法人霞山会 東亜学院日本語学校 専任講師
2. 2018/04~2019/03 和光大学 非常勤講師
3. 2018/04~ 東京大学日本語教育センター 非常勤講師
4. 2019/04~2021/03 早稲田大学 日本語教育研究センター 助手
5. 2021/04~ 江戸川大学 センター 国際交流センター 助教
■ 所属学会
1. 専門日本語教育学会
2. 早稲田日本語学会
3. 早稲田日本語教育学会
4. 日本語学会
5. 日本語教育学会
全件表示(7件)
■ 現在の専門分野
日本語教育 (キーワード:文章構造分析 要約文研究 アカデミック・ライティング 統計分析) 
■ 研究テーマ
1. 2020/04~2021/03  人文学系研究論文の「適切な要旨」作成に関する研究 競争的資金等の外部資金による研究 
2. 2020/04~2023/03  人文学系大学院留学生のアカデミック・ライティングにおける要旨作成の実証的研究 科学研究費助成事業 若手研究,若手研究 
3. 2020/04~2021/03  大学院留学生の論文要旨作成教材の開発のための基礎的研究 競争的資金等の外部資金による研究 
■ 授業科目
1. アカデミック・スキル演習Ⅰ
2. 日本語Ⅰ
3. 日本語Ⅱ
4. 日本語Ⅲ
5. 日本語Ⅳ
■ 著書・論文・その他
1. 論文  研究論文における「終了部」の文段の分析-日本語学と日本語教育学分野を対象に- 『タイ国日本研究国際シンポジウム2018 論文集』 251-255頁 (単著) 2019/03
2. 論文  日本語学の論文要旨の文章構造類型-要旨における本文の要素の使用傾向- 『早稲田日本語研究』 (27),13-24頁 (単著) 2018/03
3. 論文  日本語教育学の論文要旨の文章構造における文体特性 『文体論研究』 (63),57-68頁 (単著) 2017/03
4. その他 【書評】村岡貴子・鎌田美千子・仁科喜久子編著『大学と社会をつなぐライティング教育』 早稲田日本語教育学 (28),119-124頁 (単著) 2020/06
5. その他 【書評】森篤嗣編(2018)『コーパスで学ぶ日本語学』日本語教育への応用』朝倉書店 計量国語学 32(4),224-227頁 (単著) 2020/03
全件表示(6件)
■ 学会発表
1. 2021/08 学内日本語学習者のレベル判定指標のためのComputer Based Test開発―テスト運用までの過程と課題に関する実践報告―(CASTEL/J2021)
2. 2020/09 わせだ日本語サポートにおけるタンデム学習の実践報告 ―タンデム学習と言語学習 アドバイジングの連携可能性―(早稲田大学日本語教育学会2020年秋季大会)
3. 2020/05 学術論文の構成要素に関する計量的分析 ―日本語教育学分野の研究論文を対象に―(2020年度日本語教育学会春季大会)
4. 2020/03 日本語教育学専攻の大学院生の論文要旨作成における意識と課題(専門日本語教育学会研究討論会第22回)
5. 2020/02 文章構造分析と本文の使用傾向調査による論文要旨の表現類型 ―人文学系大学院生のための要旨作成方法の提案―(表現学会東京例会第151回)
全件表示(13件)