photo
    (最終更新日:2017-09-08 16:51:26)
  フクダ カズヒコ   Fukuda Kazuhiko
  福田 一彦
   所属   社会学部 人間心理学科
   職種   教授
■ ホームページ
   http://www1.edogawa-u.ac.jp/~kfukuda/
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ researchmap研究者コード
1000007661
■ 科研費研究者番号
20192726
■ 学歴
1. 1977/04~1981/03 早稲田大学 文学部 心理学 卒業 文学士
2. 1981/04~1983/03 早稲田大学大学院 文学研究科 心理学専攻 修士課程修了 文学修士
3. 1983/04~1988/03 早稲田大学大学院 文学研究科 心理学専攻 博士課程単位取得満期退学
4. 1989/03/17
(学位取得)
東邦大学 医学博士
■ 職歴
1. 1983/04~1988/03 東邦大学 医学部 非常勤講師
2. 1985/07~1993/03 群馬大学 工学部 非常勤講師
3. 1986/04~1987/03 東京都神経科学総合研究所 心理学研究室 非常勤研究員
4. 1986/10~1988/03 白梅学園短期大学 心理技術科 非常勤講師
5. 1987/04~1988/03 日本学術振興会 日本学術振興会特別研究員
全件表示(13件)
■ 所属学会
1. 1981/04~ 日本心理学会
2. 2001/04~2013/03 ∟ 議員
3. 1981/04~ 日本睡眠学会
4. 1999/04~ ∟ 評議員
5. 2005/07~ ∟ 理事
全件表示(18件)
■ 学内役職・委員
1. 2012/04/01~2014/03/31 江戸川大学 FD委員会
2. 2012/04/01~2014/03/31 江戸川大学 運営委員会
3. 2012/04/01~2014/03/31 江戸川大学 教員資格審査委員会
4. 2012/04/01~2014/03/31 江戸川大学 教務委員会
5. 2012/04/01~2014/03/31 江戸川大学 広報センター運営委員会
全件表示(16件)
■ 現在の専門分野
実験心理学 (キーワード:精神生理学、時間生物学、睡眠学) 
■ 研究テーマ
1. 1987/04~1988/03  正常人における特異なREM睡眠(入眠時REM睡眠)に関する生理心理学的研究 奨励研究(A)特 
2. 1989/04~1990/03  大学生における登校拒否傾向と生活習慣(睡眠覚醒リズム)の関連について 奨励研究(A) 
3. 1990/04~1992/03  中間施設における登校拒否児治療教育システムの確立 一般研究(C) 
4. 1992/04~1993/03  乳児の睡眠覚醒リズムの発達-時系列解析の応用- 奨励研究(A) 
5. 1995/04~1998/03  睡眠習慣の実態調査と睡眠問題の発達的検討 基盤研究(A) 
全件表示(20件)
■ 授業科目
1. 基礎ゼミナール
2. 社会心理学調査演習
3. 心理学英語I
4. 心理学概論
5. 人間心理学基礎
全件表示(13件)
■ 主要学科目
認知心理学、睡眠の心理学
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 1991/04/05 心理学セミナー日常に生かせる10章(鷹書房) 第7章 睡眠と脳波
2. 2003/04/15 心の科学 (北大路書房) 第6章認知およびトピックス金縛り
3. 2008/02/10 基礎講座睡眠改善学(ゆまに書房) 第2章睡眠と生体リズム
4. 2009/05/25 テキスト現代心理学入門(川島書店) 第5章意識の状態
5. 2011/06/20 心理学Ⅰ・その理論と方法 自分を知り他者を知るために
■ 資格・免許
1. 2015/06/06 認定心理士
■ 著書・論文・その他
1. 著書  夢の神秘性はいかにつくられるか (単著) 2017/01
2. 著書  保育園のお昼寝、本当に必要? (単著) 2016/02
3. 著書  睡眠と夢・悪夢(第2編、第1章、第2節) (単著) 2014/11
4. 著書  金縛りの謎を解く (単著) 2014/02
5. 著書  IX 睡眠時随伴症群 通常レム睡眠に伴って起こる睡眠時随伴症 反復性孤発性睡眠麻痺、悪夢障害 Recurrent isolated sleep paralysis, nightmare disorder  2013/10
全件表示(105件) !!!
■ 学会発表
1. 1981/12/02 「long sleeper および short sleeper の睡眠内容と再入眠時のSOREMPについて」(第11回日本脳波筋電図学会)
2. 1981/12/03 「中途覚醒法による夜間REM周期の検討(II)」(第11回日本脳波筋電図学会)
3. 1982/05/08 「睡眠時指尖脈波の定量的研究」(第7回日本睡眠学会)
4. 1982/07/12 「Skin Potential Activity の研究 (8) -睡眠中のSPRとFPR-」(第46回日本心理学会)
5. 1982/07/12 「中途覚醒後のSOREMP -sleep independent rhythm との関連について-」(第46回日本心理学会)
全件表示(238件)
■ 講師・講演
1. 1993/06 Sleep paralysis and sleep onset REM periods in normal subjects.(Niagara-on-the-Lake, Canada)
2. 1997/06 Discussion Group: Pharmacologic and Nonpharmacologic Treatment of Nightmares.(San Francisco, U.S.A.)
3. 2003/03 Evening naps and delayed nighttime sleep schedule typically found in Japanese adolescents is closely related with their daytime malfunctioning.(大阪)
■ 教員審査
1. 2000/08 福島大学大学院・学校臨床心理専攻の新設の際にマル合教員(助教授)として審査合格
2. 2007/08 福島大学大学院・共生システム理工学研究科博士前期課程の新設の際にマル合教員(教授)として審査合格
3. 2009/08 福島大学大学院・共生システム理工学研究科博士後期課程の新設の際にマル合教員(教授)として審査合格