photo
    (最終更新日:2017-07-26 17:38:15)
  ウエダ ヤスタカ   UEDA YASUTAKA
  植田 康孝
   所属   メディアコミュニケーション学部 マス・コミュニケーション学科
   職種   教授
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ researchmap研究者コード
6000027606
■ 科研費研究者番号
40512413
■ 学歴
1. 1982/04~1986/03 早稲田大学 政治経済学部 経済学科 卒業 経済学士
2. 1998/04~2000/03 一橋大学大学院 商学研究科 経営学 修士課程修了 経営管理学修士(MBA)
3. 2001/04~2004/03 早稲田大学大学院 国際情報通信研究科 博士課程修了 博士(国際情報通信学)
■ 社会における活動
1. 2004/09 日本社会情報学会 学位論文賞
2. 2004/09 日本社会情報学会 秋山穣賞
■ 所属学会
1. 2004/09 日本マス・コミュニケーション学会
2. 2004/09 日本広告学会
3. 2004/09 公益事業学会
4. 2004/09 情報通信学会
5. 2004/09 日本社会情報学会
全件表示(9件)
■ 受賞学術賞
1. 2004 日本社会情報学会「秋山穣賞」
2. 2004/09 日本社会情報学会「学位論文賞」
■ 現在の専門分野
経済統計, 経営学, 社会学, 知能情報学, 知能機械学・機械システム (キーワード:economic analysis of TV broadcasting, Internet, WWW, and cellular phones) 
■ 研究テーマ
1. 2009/04~  エンターテイメント・ビジネスの現状と可能性について 機関内共同研究 
■ 授業科目
1. エンタテインメント論II
2. スマートメディア論I
3. スマートメディア論II
4. ニュージーランド研修I
5. ニュージーランド研修II
全件表示(19件)
■ 主要学科目
スマートメディア論、情報メディア論、マス・コミュニケーション論、エンタテインメント論、マスメディアの法と倫理
■ 資格・免許
1. 2004/02/01 国際情報通信学博士(早稲田大学)(第3734号)
■ 著書・論文・その他
1. 著書  Digital Broadcasting Policy and Practice in the Americas, Europe and Japan (共著) 2006
2. 論文  TV Digital Switchover in New Zealand (単著) 2013/05
3. 論文  Analysis of Organization of New Zealand Television Industry Enabling Acceleration of Complete Transition to Digital Broadcasting and Improvement of Proportion of Domestic Program Production (単著) 2012
4. 論文  Study of the Music Business Model Based on Comparison of Country Having Low Piracy Rate and Country Having High Rate (単著) 2011/09
5. 論文  放送デジタル化による経済波及効果 (単著) 2008/03
全件表示(13件)
■ 学会発表
1. 2002/11/03 “Vertical Separation and Network Sharing in the Japanese Broadcasting Industry(International Conference on Convergence in Communication Industries)
2. 2010/06/29 An Empirical Evaluation of the Digitization of The Movie(18th Biennial Conference in Association with the 27th Annual Conference of)
3. 2016/06/26 「人工知能」との共進化が加速する近未来「インフォテインメント」 ―エンタテインメントは時空を超えて(crossing time and space)4次元世界へ―(情報通信学会第34回学会大会)
4. 2016/10/09 人工知能の進化が地方創生に果たす貢献~人工知能が生み出す新たなエコシステム~ Contribution of the Evolution of Artificial Intelligence to Regional Revitalization ~New Eco Systems Created by Artificial Intelligence~(日本地域学会第53回年次大会)
5. 2016/10/16 人工知能が広告にもたらす「コグニティブ(認知)」精度向上(日本広告学会第47回年次大会)
全件表示(11件)