photo
    (最終更新日:2017-07-26 17:38:22)
  ヒロオカ イサオ   Hirooka Isao
  広岡 勲
   所属   社会学部 現代社会学科
   職種   教授
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 科研費研究者番号
10720865
■ 学歴
1. 1986/09~1991/06 ハワイパシフィック大学 社会科学部 卒業 Bachelor of Social Science (BA) 社会科学学士
2. 2000/09~2002/06 ニューヨーク市立大学大学院 リべラルスタディーズ ジャーナリズム、思想、哲学 修士課程修了 Master of arts in liberal studies(MALS) リベラルスタディーズ修士
3. 2015/04~ 慶應義塾大学大学院 健康マネジメント研究科 後期博士課程入学 スポーツマネジメント専修 博士課程
■ 職歴
1. 1991/10~2002/12 報知新聞社 東京本社 運動一部記者
2. 2003/01~2009/11 ニューヨーク・ヤンキース(大リーグ) 球団広報兼環太平洋担当
3. 2009/12~2010/10 ロサンゼルス・エンゼルス(大リーグ) 球団広報兼環太平洋担当
4. 2010/10~2011/02 財団法人日本相撲協会 特別アドバイザー
5. 2010/12~2011/10 オークランド・アスレチックス(大リーグ) 球団広報兼環太平洋担当
全件表示(10件)
■ 社会における活動
1. 2011/10~ NPO法人くるみの学校(不登校生徒支援学校)評議員
■ 所属学会
1. 2002/09~ 日本経営倫理学会
2. 2012/05~ 情報コミュニケーション学会
3. 2012/05~ 情報メディア学会
4. 2012/06~ 日本広報学会
■ 委員会・協会等
1. 2003/11 Asian American Mental Health Service Japanese Unit Special. Advisor
2. 2004/11 National Japanese American Historical Society Advisor
3. 2005/11 The NYC Company, City of New York Special Advisor
4. 2006/11 Team Relations, Major League Baseball Media Relations Advisor
5. 2010/10~2012/01 公益法人対策委員会 特別アドバイザー
全件表示(7件)
■ 受賞学術賞
1. 2006/11 「消化活動・人命救助賞」オークランド・アスレチックス贈呈
2. 2011/05 「特別感謝状」日本郵政グループ贈呈
■ 現在の専門分野
スポーツ社会学、メディア学、国際広報論, 経営学 (キーワード:プロスポーツ、スポーツマネジメント、スポーツマーケティング、スポーツメディア) 
■ 研究テーマ
1. 2005/04~  メディアリテラシー研究の動向と課題について 個人研究 
2. 2011/04~  正岡子規の「野球へのまなざし」 個人研究 
3. 2013/04~  日本におけるプロ野球の経営について 個人研究 
■ 授業科目
1. スポーツマネジメント論
2. 現代社会演習
3. 現代社会実習
4. 現代社会論
5. 専門ゼミナール
全件表示(8件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2003/11 米国コロンビア大学大学院
2. 2005/06 米国ニューヨーク大学大学院
3. 2006/01 中村学園大学
4. 2007/11 米国ニューヨーク市立大学大学院
5. 2009/12 米国ジャパン・ソサエティ
●作成した教科書、教材
全件表示(11件)
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2008/01 「山形県酒田市青少年委員会」ゲストスピーカー
2. 2009/01 「秋田県国際交流協会」ゲストスピーカー
3. 2009/12 「国際スポーツ記者協会」特別アドバイザー
4. 2010/12 「東京都荒川区役所」ゲストスピーカー
■ 著書・論文・その他
1. 著書  負けない心  -不屈の言葉- (単著) 2012/07
2. 著書  スポーツ感動物語 第2期10巻-記録か勝負か- (共著) 2012/02
3. 著書  あきらめない心 -夢の頂点へ- (単著) 2010/06
4. 著書  信念を貫く (監修・構成として)  2010/03
5. 著書  ぼくんちに、マツイヒデキ  2009/05
全件表示(27件)
■ 講師・講演
1. 2007/01 一般公開シンポジウム体験的広報論(大リーグ広報の見地から)
2. 2009/12 日米スポーツジャーナリズムの相違と傾向と行方