photo
    (最終更新日:2018-05-21 10:43:44)
  カンダ ヒロシ   KANDA, Hiroshi
  神田 洋
   所属   メディアコミュニケーション学部 マス・コミュニケーション学科
   職種   教授
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ researchmap研究者コード
7000020609
■ 科研費研究者番号
20804016
■ 学歴
1. 1986/04~1992/03 大阪大学 文学部 美学科 卒業
■ 職歴
1. 1992/04~1993/12 共同通信社 高松支局 記者
2. 1993/12~1997/12 同 運動部 記者
3. 1997/12~1999/12 同 大阪運動部 記者
4. 1999/12~2003/02 同 運動部 記者
5. 2003/02~2009/04 同 ニューヨーク支局 記者
全件表示(10件)
■ 社会における活動
1. 2017/11 「スポーツから見えるもの」いわき光洋高校大学模擬授業
■ 所属学会
1. 2017/05~ 日本スポーツ社会学会
2. 2017/05~ 日本マス・コミュニケーション学会
■ 学内役職・委員
1. 2017/04/01~ 江戸川大学 アスリートセンター運営委員会
■ 現在の専門分野
社会学, スポーツ科学 (キーワード:コミュニケーション・情報・メディア、身体・スポーツ、スポーツ社会学) 
■ 研究テーマ
1. 2017/04~  米国野球殿堂と1990年代の薬物報道 個人研究 
■ 主要学科目
スポーツジャーナリズム論、スポーツライター論
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2007 全米野球記者協会 サイ・ヤング賞(最優秀投手賞)選考担当
●その他職務上特記すべき事項
1. 2016~ 野球殿堂(日本) 競技者表彰プレーヤー表彰選考委員
■ 資格・免許
1. 2015/12/18 日本語教育能力検定試験合格
■ 著書・論文・その他
1. 論文  大リーグにおける薬物問題と米国スポーツジャーナリズム
─野球殿堂投票のボンズ、クレメンス得票増の背景をめぐって─ (単著) 2018/03
2. その他 「ヤンキース復権の陰に松井秀喜氏の〝育成〟手腕あり」
指導したマイナー選手が相次いで打撃開眼 (単著) 2018/05
Link
3. その他 「ベーブ・ルース以降、なぜ二刀流は『不可能』とされてきたのか」
大谷翔平のチャレンジの裏に歴史あり (単著) 2018/04
Link
4. その他 大谷の二刀流挑戦
「日本スタイルの米国輸出 投打兼用、ルースは忌避」 (単著) 2018/04
Link
5. その他 「一番いいものをどう出すか」
連載企画「模索の時代に」第7回「日本選手の米大リーグ進出」 (単著) 2017/10
全件表示(22件)
■ 学会発表
1. 2017/11/11 大リーグの薬物問題と米国ジャーナリズム 野球殿堂投票のボンズ、クレメンス得票増の背景(スポーツ文化研究会 2017)
■ 講師・講演
1. 2017/10 「大谷翔平ハウマッチ? 大リーグは無尽蔵なのか」(富山市) Link
■ 画像登録
2 (2).JPG
kanda.jpg
富山新聞3.jpg