photo
    (最終更新日:2018-05-24 16:55:08)
  ムラカミ リョウ   MURAKAMI RYOU
  村上 涼
   所属   メディアコミュニケーション学部 こどもコミュニケーション学科
   職種   准教授
■ researchmap研究者コード
7000020612
■ 学歴
1. ~1990/03 日本女子大学 文学部 教育学科 卒業 学士(教育学)
2. 1993/04~1995/03 日本女子大学大学院 文学研究科 教育学 修士課程修了 修士(教育学)第140号
3. 1993/04~1999/03 日本女子大学大学院 人間社会研究科 教育学 博士課程単位取得満期退学 教育学修士
■ 職歴
1. 1990/04~1992/03 大和証券株式会社 その他(教員以外)
2. 1996/04~1998/03 日本女子大学 現代社会学部 非常勤助手
3. 1996/04~2001/03 横浜国際福祉専門学校 非常勤講師
4. 1996/04~2003/03 江戸川大学総合福祉専門学校 非常勤講師
5. 2001/04~2003/03 江戸川短期大学 文化コミュニケーション学科 非常勤講師
全件表示(17件)
■ 社会における活動
1. 2014/11~2016/11 東京都北区男女共同参画審議会委員
2. 2015/04~2017/04 東京都大田区保健所大森地域健康課 発達心理相談員
3. 2015/09~ 東京都板橋区教育委員会 幼稚園巡回指導員
4. 2017/11~ 東京都北区教育委員会 巡回相談員
■ 所属学会
1. 1995/11~ 日本発達心理学会
2. 1997/04~ 日本保育学会
3. 2002/04~ 日本教育心理学会
4. 2006/08~2016/03 日本教育工学会
5. 2008/04~ 日本臨床発達心理士会
全件表示(6件)
■ 委員会・協会等
1. 2003/02~2005/03 日本発達心理学会 インターネット小委員会委員
2. 2008/05~2012/05 日本臨床発達心理士会 中国・四国支部 監査役員
3. 2014/11~2016/11 東京都北区男女共同参画審議会委員
■ 受賞学術賞
1. 2005/10 発達科学研究奨励賞
■ 現在の専門分野
発達心理学, 保育の心理学 (キーワード:乳幼児、心の理論、保育と発達) 
■ 研究テーマ
1. 2005/09~2006/02  発達に即した幼児向けマルチメディア絵本の開発とそれを媒介とした子ども・保育者・保護者のネットワーク構築の試み 個人研究 
2. 2005/09~2006/05  幼児はマルチメディアを利用した絵本をどのように読むのか 国内共同研究 (キーワード:幼児教育、カリキュラム、教授法、保育、メディア活用)
3. 2006/09~2007/08  学生に対する保育士としての適性を高めるためのフォローアッププログラム作成の試み 国内共同研究 (キーワード:保育士養成)
■ 主要学科目
保育の心理学・保育相談支援・教育相談・教育実習(幼稚園)・教育実習(幼稚園)事前・事後指導・コミュニケーションの心理学
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2005/03~ 子どもの発達記録映像の活用と小レポート
2. 2005/04~2012/03 保育者・教員対策講座
3. 2005/04~2012/03 保育所・幼稚園で子どもの観察記録をつける実習
4. 2006/12~2007/01 ICTを活用したWeb作成による子育て支援  -子育て支援の方法を学ぶための実践教育   プロジェクト-
●作成した教科書、教材
1. 2010/10 保育におけるメディア活用のガイドライン  -よりよい活用のためのハンドブック-
●実務の経験を有する者についての特記事項
全件表示(8件)
■ 資格・免許
1. 2006/04/01 臨床発達心理士(第01331号)
■ 著書・論文・その他
1. 著書  保育を深めるための心理学 (共著) 2018/03
2. 著書  理論と子どもの心を結ぶ保育の心理学 (共著) 2012/04
3. 著書  新保育ライブラリ 乳幼児心理学 (共著) 2009/01
4. 著書  心理学 心理学理論と心理的支援 (共著) 2008/12
5. 著書  保育の創造を支援するコンピュータ (共著) 2006/02
全件表示(30件)
■ 学会発表
1. 2018/05/13 巡回保育相談の現状と課題Ⅲ(日本保育学会第71回大会(於:宮城学院大学))
2. 2018/03/24 ひとりの指さしの発達過程(0歳から1歳児の保育場面における自然観察場面から)(日本発達心理学会第29回大会(於:東北大学))
3. 2017/05 2歳児における「物体の社会的因果性」の理解(アニメーションと実物刺激の比較から)(日本発達心理学会第28回大会(於:広島国際会議場・JMSアステールプラザ・広島市文化交流会館))
4. 2017/05 保育場面における指さしの役割(保育者の指さしの内容分析から)(日本保育学会第70回大会(於:川崎医療福祉大学))
5. 2016/05 指さし行動の発達過程(母親の育児記録、前言語期から言語期の分析から)(日本保育学会第69回大会(於:東京学芸大学))
全件表示(28件)
■ 講師・講演
1. 2017/07 子どもの発達
2. 2017/08 「子どもの思いやりの気持ちを育む心理学」