photo
    (最終更新日:2017-07-26 17:38:23)
  フクシマ アリコ   FUKUSHIMA ARIKO
  福島 亜理子
   所属   センター 基礎・教養教育センター
   職種   助教
■ researchmap研究者コード
7000020615
■ 科研費研究者番号
30523823
■ 学歴
1. 1991/04~1998/03 東京大学 文学部 文科三類 卒業 学士(文学)
2. 1999/04~2001/03 東京大学東京大学院 総合文化研究科 広域科学 修士課程修了 修士(学術)
3. 2001/10~2009/09 東京大学大学院 工学系研究科 先端学際工学 博士課程単位取得満期退学
4. 2013/03 東京大学大学院 工学系研究科 先端学際工学 博士課程 博士(工学)
■ 職歴
1. 2007/04~2009/03 神奈川大学 非常勤講師
2. 2009/04~2011/03 放送大学 科学技術振興機構CREST 研究員
3. 2011/04~2014/03 放送大学 日本学術振興機構最先端・次世代研究開発支援プログラム 研究員
4. 2012/04~2017/03 十文字学園女子大学 非常勤講師
5. 2015/04~2017/03 貞静学園短期大学 非常勤講師
全件表示(6件)
■ 所属学会
1. 2001/07 日本バーチャルリアリティ学会
2. 2006/02 ヒューマンインターフェース学会
3. 2012/07 日本教育工学会
4. 2012/09 Audio Engineering Society
■ 授業科目
1. アカデミック・スキル演習I
2. アカデミック・スキル演習I
3. アカデミック・スキル演習I
4. 情報活用演習
5. 情報活用論
■ 取得特許
1. 2013/08/16 振動呈示装置及び方法、振動呈示空間装置、振動信号、並びに記録媒体(PCT/JP2013/072031)
■ 著書・論文・その他
1. 論文  Frequencies of Inaudible High-Frequency sounds Differentially Affect Brain Activity. Positive and Negative Hypersonic Effects (共著) 2014/04
2. 論文  コンテンツ特性がステレオバランス感覚におよぼす影響についての音量調整行動を指標とする評価 (共著) 2011/01
3. 論文  ハイパーソニック・コンテンツを活用した駅ホーム音環境の快適化――高複雑性超高周波付加の心理的生理的効果について駅ホーム音環境改善のための基礎的研究 (共著) 2013/09
4. 論文  Electroencephalographic index of the activity of functional neuronal network subserving the hypersonic effect. (共著) 2013/09
5. 論文  Physiological and psychological effects due to difference in definition of still and moving images (共著) 2013/09
全件表示(12件)
■ 学会発表
1. 2001/09 視聴覚メディアの時間・空間密度とリアリティ感覚についての科学技術論的考察(日本バーチャルリアリティ学会第6回大会論文集, Vol.6 pp.21-24)
2. 2004/09 移動する聴取者を対象とするサラウンド・リアリティに関する研究(日本バーチャルリアリティ学会第9回大会論文集, Vol.9, pp.461-462)
3. 2005/09 移動する聴取者を対象とするサラウンド・リアリティに関する研究(第2報)(日本バーチャルリアリティ学会第10回大会論文集,Vol.10, pp143-144)
4. 2006/09 移動する聴取者を対象とするサラウンド・リアリティに関する研究(第3報)(日本バーチャルリアリティ学会第11回大会論文集,Vol.11, pp169-170)
5. 2009/03 ハイパーソニック・サウンドの音響構造について(その1)グルジア伝統ポリフォニー(日本音響学会2009年春季研究発表会講演論文集、pp.849-850)
全件表示(11件)