photo
    (最終更新日:2020-04-01 17:38:23)
  ニシムラ リツコ   NISHIMURA RITUSKO
  西村 律子
   所属   社会学部 人間心理学科
   職種   准教授
■ ホームページ
   https://ritzncoglab.jimdo.com/
■ researchmap研究者コード
7000020607
■ 科研費研究者番号
10757727
■ 学歴
1. 2010/03/19
(学位取得)
博士(学術)
■ 職歴
1. 2007/09~2009/03 日本聴能言語学院 大学等非常勤研究員
2. 2008/04~2009/05 日本学術振興会 日本学術振興会特別研究員
3. 2009/06~2012/03 (独)科学技術振興機構ERATO岡ノ谷情動情報プロジェクト 研究員
4. 2012/09~2016/03 中部大学 大学等非常勤研究員
5. 2013/04~2014/03 岐阜女子大学 大学等非常勤研究員
全件表示(12件)
■ 社会における活動
1. 2011/10 ミステリアスな能面を科学する
2. 2012/01 ミステリアスな能面を科学する
3. 2016/03 ヒトの心を科学する
4. 2017/07 ヒトの心を科学する
■ 所属学会
1. 2004/04~ 日本認知心理学会
2. 2005/04~ 日本心理学会
3. 2007/04~ Cognitive Neuroscience Society
■ 受賞学術賞
1. 2007/06 大幸財団学芸奨励生
2. 2008/03 愛知淑徳大学学長表彰
3. 2011/11 第28回日本認知科学会発表賞
■ 学内役職・委員
1. 2017/04/01~ 江戸川大学 海外研修委員会
2. 2017/04/01~ 江戸川大学 地域連携推進委員会
3. 2017/04/01~ 江戸川大学 入試・広報センター運営委員会
4. 2017/04/01~ 江戸川大学 留学生委員会
5. 2018/04/01~ 江戸川大学 睡眠研究所
■ 現在の専門分野
実験心理学 (キーワード:認知心理学,ラテラリティ,半球間相互作用,選択的注意) 
■ 研究テーマ
1. 2015/04~2017/03  ストレスの肯定的評価が中央実行系の処理資源および選択的注意機構に与える影響 研究活動スタート支援 
2. 2016/04~2017/03  意図的な心拍変動の増加が抑制機能に与える影響ー選択的注意からの検討ー その他の補助金・助成金 
3. 2018/04~  情動喚起状況下の認知的パフォーマンスに関する実験的検討 機関内共同研究 
■ 著書・論文・その他
1. 著書  心理学入門   (共著) 2015/04
2. 論文  再評価によるストレス状況下の選択的注意機能の維持(印刷中) 人間環境学研究  (単著) 2019/06
3. 論文  Alter facial expressions of Noh masks Plos One  (共著) 2012/11
4. 論文  能面は能で想定した情動を正しく伝えているのか? 認知科学 17,750-760頁 (共著) 2010/12/01
5. 論文  A high-loaded hemisphere successfully ignores distracters Consciousness and Cognition 19,953-961頁 (共著) 2010/07/01
全件表示(15件)
■ 学会発表
1. 2018/09/27 社会関係が健康を高めるメカニズム(1)社会的ネットワーク・他者との身体接触・認知機能に着目した予備的検討
2. 2017/01/19 Reappraisal reduced negative emotion and improves physiological response under speech stress(2017 Society for Personality and Social Psychology convention)
3. 2016/04/02 The function of attention under stress.(The 31th International Congress of Psychology)
4. 2016/04/02 The function of ignoring a distractor under stress.(The Annual meeting of Cognitive Neuroscience Society 2016)
5. 2013/09/21 視覚情報選択性はブロック内の競合頻度に応じて変動する(日本心理学会第77回大会)
全件表示(25件)