photo
    (最終更新日:2021-07-17 15:24:44)
  ノダ ミツル   NODA MITSURU
  野田 満
   所属   社会学部 人間心理学科
   職種   教授
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ researchmap研究者コード
7000002829
■ 科研費研究者番号
00636300
■ 学歴
1. 1979/04~1983/03 早稲田大学 文学部 社会専攻 卒業 文学士
2. 1983/04~1985/03 早稲田大学大学院 文学研究科 博士前期課程心理学専攻 修士課程修了 文学修士 早稲田大学 第30号
3. 1988/04~1992/03 早稲田大学大学院 文学研究科 博士後期課程心理学専攻 博士課程単位取得満期退学
4. 2016/11/22
(学位取得)
早稲田大学大学院 博士(教育学)乙4983号
■ 職歴
1. 1984/04~1985/03 早稲田大学第Ⅱ文学部 副手
2. 1984/04~1992/03 東京都五日市保健所 三歳児健康診査、心理判定員
3. 1985/04~1993/03 東京都秋川保健相談所 三歳児健康診査、心理判定員
4. 1986/04~1992/03 東京都秋川市保健相談所 1歳半健康診査、心理相談員
5. 1988/04~1992/03 早稲田大学教育学部教育心理学専攻 教務補助(データ整理分析)
全件表示(17件)
■ 所属学会
1. 1983/04~ 日本心理学会
2. 1984/04~ 日本教育心理学会
3. 1990/03~ 日本発達心理学会
4. 1991~ 日本健康心理学会
5. 2009~2010 ∟ 大会準備委員会事務局長(第23回)
全件表示(15件)
■ 受賞学術賞
1. 2013 江戸川大学 学長奨励賞
2. 2014 千葉県教育振興財団 教育功労者として表彰
3. 2017 Marquis Who's Who Albert Nelson Marquis Lifetime Achievement Award.
4. 2018 Marquis Who’s Who Albert Nelson Marquis Lifetime Achievement Award.
■ 現在の専門分野
教育心理学, 教育工学 (キーワード:教育心理学、発達) 
■ 研究テーマ
1. 2013/04~2016/03  幼児期から児童期にかけての対象操作とイメージの関連性 挑戦的萌芽研究 (キーワード:イメージ・ヒューマンインターフェース・手操作)
2. 2018  傾いた図形の同一性認知の発達的研究 学術図書 (キーワード:同一性認知 イメージ変換 ひきうつし 身体性認知)
3. 2019/04~2022/03  幼児期から児童期に至る身体の動きと空間変換との関連性に関する発達的研究 基盤研究(C) 
■ 著書・論文・その他
1. 著書  教えと学びを考える発達心理学 第7章 実行機能と記憶の発達   (共著) 2021/03
2. 著書  傾いた図形の同一性認知の発達的研究   (単著) 2019/01
3. 著書  保育を深めるための心理学   (共著) 2018/03
4. 著書  ヒューマン・ディベロップメント   (共著) 2007/05
5. 著書  ヒューマン・サイエンス   (共著) 2004/05
全件表示(41件)
■ 学会発表
1. 2021/04 Research about Clumsy of Young Children and Mark Making, Trace Tasks.(第4回⽇本DCD 学会学術集会)
2. 2021/03 幼児期におけるタイミング課題の検討 -移動する対象の経時的な予測-(⽇本発達⼼理学会第32回⼤会)
3. 2020/08 A study of hand manipulation and spatial tasks in which preschool girls perform well.(42nd Annual Virtual Meeting of the Cognitive Science Society)
4. 2019/09 身振り行動を伴った回転状態の理解における幼児期の変化(日本心理学会第83回大会)
5. 2019/08 Hidden objects and the search for spatial transformation in children.(19th European Conference of Developmental Psychology)
全件表示(83件)
■ その他
健康心理学会の大会開催を終えて(単著) 江戸川学園人間科学研究所紀要第27号、p.178-180 日本健康心理学会が江戸川大学で開催されたことの報告。 準備委員会での作業と大会発表内容を振り返りまとめた