photo
    (最終更新日:2017-09-12 14:13:43)
  トキ マサカズ   TOKI MASAKAZU
  斗鬼 正一
   所属   社会学部 現代社会学科
   職種   教授
■ ホームページ
   http://www1.edogawa-u.ac.jp/~tokim/
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ researchmap研究者コード
1000067781
■ 科研費研究者番号
90286188
■ 学歴
1. 1969/04~1973/03 明治大学 政治経済学部 経済学科 卒業 経済学士
2. 1973/04~1975/03 明治大学大学院修士課程 政治経済学研究科 政治学専攻(社会人類学専修) 修士課程修了 政治学修士
3. 1976/04~1984/03 明治大学大学院博士後期課程 博士後期課程政治経済学研究科 政治学専攻(社会人類学専修) 博士課程単位取得満期退学
4. 1978/04~1979/03 アテネ・フランセ 英語科 卒業
■ 職歴
1. 1973/05~1974/03 財団法人余暇開発センター沖縄プロジェクト 非常勤研究員
2. 1974/05~1982/03 学校法人富士学院 非常勤講師
3. 1975/04~1976/03 明治大学大学院政治経済学研究科政治学専攻聴講生
4. 1982/04~1990/03 財団法人研数学館 非常勤講師
5. 1984/04~ 国立民族学博物館研究協力者
全件表示(18件)
■ 所属学会
1. 1973/04~ 日本文化人類学会(旧日本民族学会、平成16年度学会名変更)
2. 1992/10~ 日本都市社会学会
3. 1995/04~ 東京湾学会
4. 1995/04~1995/12 ∟ 設立準備委員
5. 1995/12~ ∟ 理事
全件表示(6件)
■ 学内役職・委員
1. 1990/04/01~2006/03/31 江戸川大学 学生指導委員会
2. 1991/04/01~2004/03/31 江戸川大学 海外研修委員会
3. 1995/04/01~2004/03/31 江戸川大学 学生部次長
4. 2000/04/01~ 江戸川大学 留学生委員会
5. 2004/04/01~ 江戸川大学 運営委員会
全件表示(21件)
■ 現在の専門分野
文化人類学 (キーワード:文化人類学、都市人類学、異文化コミュニケーション、多文化理解) 
■ 研究テーマ
1. 1980/04~  香港、ソウル、東京、大阪、京都の都市人類学的研究 個人研究 (キーワード:都市人類学、都市計画、自然)
■ 授業科目
1. フィールドワーク論
2. 異文化コミュニケーション
3. 基礎ゼミナール
4. 現代社会演習
5. 現代社会基礎
全件表示(13件)
■ 主要学科目
文化人類学、異文化コミュニケーション、多文化理解、フィールドワーク論
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 1990~ 都市人類学的フィールドワーク実践による現場教育(東京・多数回)
2. 1991~2004 文化人類学的フィールドワーク実践による現場教育(ニュージーランド14回)
3. 1992~ 文化人類学的フィールドワーク実践による現場教育(国内各地)
4. 1995~2014 都市人類学的フィールドワーク実践による現場教育 大阪、京都 多数回
5. 2009/09/07~2016/09/11 都市人類学的フィールドワーク実践による現場教育(香港)2回
●作成した教科書、教材
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(13件)
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 1995/04/01~2004/03/31 学生部学生担当次長(平成7年−15年度)
2. 2000/04 第一回「江戸川ウオーク」実施副委員長
3. 2000/04/01~2004/03/31 学生委員会委員長、留学生委員会委員長(平成12年−15年度)
4. 2004/04/01 学生指導委員会委員長(平成16年−平成17年度) 学生指導教員(平成16年−17年度) セクハラ総括相談員(平成16年−平成17年度)
5. 2004/04/01~2006/03/31 学生部長
全件表示(8件)
■ 資格・免許
1. 2013/10/01 専門社会調査士
■ 著書・論文・その他
1. 著書  『頭が良くなる文化人類学 「人・社会・自分」-人類最大の謎を探検する』 (単著) 2014/06
2. 著書  『目からウロコの文化人類学入門−人間探検ガイドブック−』 (単著) 2003/04
3. 著書  『こっそり教える世界の非常識184』 (単著) 2007/07
4. 著書  『離島「隠岐」の社会変動と文化 学際的研究』
 第1章第3節「隠岐郡西ノ島町浦郷の観光地化」
 第4章「漁師町の空間と海−海産物の導入、廃棄の事例から−」
 第5章「浦郷の離島認識ー自然と文化の視点からー (共著) 2002/02
5. 著書  『アジア世界:その構造と原義を求めて(下)』
第4章「香港の都市空間と社会−汚れと自然の視点から−」 (共著) 1998/10
全件表示(64件) !!!
■ 学会発表
1. 2004/07/09 鉄道という異文化と日本(明治大学社会構造研究会)
2. 2000/12/08 クライストチャーチの風景を読む(明治大学社会構造研究会)
3. 1984/11 神奈川県足柄上郡中井町における社会的、象徴的、空間的距離について(第38回日本人類学会・日本民族学会連合大会)
4. 1983/05 埼玉県比企郡川島町に於ける方位について(第22回日本民族学会研究大会)
5. 1981/05 ユキミチについて-新潟県津南町の事例-(第20回日本民族学会研究大会)
全件表示(8件)
■ 講師・講演
1. 1991 文化人類学から見たゴミ問題(千葉県流山市)
2. 1992/11 情報は地球をムラにする-異文化とのおつきあい(千葉県流山市)
3. 1993/11 最後の人生儀礼-都市空間の中の葬送-(千葉県流山市)
4. 2000 ニュージーランドという箱庭-多民族都市の風景を読む-
5. 2001/10 騒音という暴力-自文化の音、異文化の音-(千葉県流山市)
全件表示(20件) !!!
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 2003 「この日なんの日」(日立製作所)
2. 2003/04/02 幕の内的空間のコンビニはいわば発想ステーション(『ダカーポ』)
3. 2005/05/08 あの美しい富士ふたたび(『毎日新聞』)
4. 2005/09 「文化人類’楽’者の東京探検」掲載(『出版ニュース』)
5. 2006/02/28 あのアイドルの妹がデビューするってホント?(週刊『プレーボーイ』)
全件表示(155件) !!!
■ 教員審査
1. 1989/08 江戸川大学社会学部一般教育等の設置申請に伴う、教員資格審査において文化人類学担当の専任講師として適格判定。
2. 1990/04 文部省大学設置審査
■ その他
千葉県私学教育功労者表彰。2011年12月