photo
    (最終更新日:2017-07-26 17:38:15)
  アザミ リツコ   AZAMI RITSUKO
  薊 理津子
   所属   社会学部 人間心理学科
   職種   講師
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ researchmap研究者コード
7000012223
■ 科研費研究者番号
40590013
■ 学歴
1. 1999/04~2003/03 同志社大学 文学部 文化学科心理学専攻 卒業 文学学士
2. 2004/04~2006/03 聖心女子大学 文学研究科 社会文化学専攻 修士課程修了 社会文化学
3. 2006/04~2010/02 聖心女子大学 文学研究科 社会文化学専攻 博士課程修了 社会文化学
■ 職歴
1. 2007/04~2009/03 東京国際福祉専門学校 精神保健福祉士コース 非常勤講師
2. 2007/04~2010/03 聖心女子大学 文学部歴史社会学科人間関係専攻 ティーチングアシスタント
3. 2008/04~2015/03 埼玉学園大学 人間学部人間文化学科 非常勤講師
4. 2008/04~2015/03 川村学園女子大学 文学部心理学科 非常勤講師
5. 2009/04~2010/03 大川学園 介護福祉士学科 非常勤講師
全件表示(18件)
■ 所属学会
1. 2003/04~ 日本感情心理学会
2. 2015/07~ ∟ 事務局メールニュース担当
3. 2016/07~ ∟ 理事
4. 2004/04~ 日本社会心理学会
5. 2005/04~ 日本心理学会
全件表示(10件)
■ 現在の専門分野
社会心理学 (キーワード:感情、自己意識的感情、道徳的感情、恥、罪悪感、屈辱感) 
■ 研究テーマ
1.   屈辱感の喚起要因と、適応的機能に関する研究 個人研究 
■ 授業科目
1. 基礎ゼミナール
2. 社会心理学調査演習
3. 心理学研究法
4. 心理統計学
5. 人間心理学基礎
全件表示(11件)
■ 資格・免許
1. 社会調査士
2. 専門社会調査士
■ 著書・論文・その他
1. 著書  パーソナリティと自己意識的感情(「パーソナリティ心理学概論」第12章) (共著) 2012/04
2. 著書  屈辱感と共感的羞恥(「自己意識的感情の心理学」の8章内屈辱感のみ担当) (共著) 2009/10
3. 著書  「心理学基礎実験を学ぶ」内、「9章 問題解決過程」担当 (共著) 2015/02
4. 著書  恥の生起過程(「ひろがる認知心理学」コラム5) (共著) 2011/03
5. 著書  「屈辱感」(「なぜ人は他者が気になるのか?-人間関係の心理」Topic4) (共著) 2008/09
全件表示(17件)
■ 学会発表
1. 2015/08 自己愛の2側面(過敏型・誇大型)と屈辱感との関連性の検討(3)(日本パーソナリティ心理学会第24回大会)
2. 2014/10 感情と動機づけをめぐって(日本パーソナリティ心理学会第23回大会)
3. 2014/10 公共場面における行動基準と屈辱感、羞恥感、罪悪感との関連性(日本パーソナリティ心理学会第23回大会)
4. 2013/10 屈辱感をバネにする要因の探索的検討(日本パーソナリティ心理学会第22回大会)
5. 2013/08 The power of humiliation to overcome a predicament: an empirical investigation(International Society for Research on Emotion)
全件表示(40件)