オオウチ タヅコ   OUCHI TAZUKO
  大内 田鶴子
   所属   社会学部 現代社会学科
   職種   特任教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2014/12
形態種別 論文
招待 招待あり
標題 都市の共同居住: 同潤会アパートの住民自治と共同はどこから来たか? 第三回 白河三丁目市街地再開発事業
執筆形態 単著
掲載誌名 まちむら
出版社・発行元 公益財団法人 あしたの日本を創る協会
巻・号・頁 (128),33-36頁
概要 東京大空襲の後、柱と壁だけ焼け残った同潤会アパートは住民の避難場所になり、その後内部を再構築して人々が住み続けた。住宅営団廃止後、居住者に払い下げられ、名実ともにアパート居住者の自治が始まった。老朽化が進行し、2002年に取り壊し、再開発へと至る。この間の都市居住の共同性について分析した。