オオウチ タヅコ   OUCHI TAZUKO
  大内 田鶴子
   所属   社会学部 現代社会学科
   職種   特任教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2012/05
形態種別 論文
査読 査読有り
標題 住民の立場からの防災体制改善に関する考察ー日米比較の視点からー
A consideration about Disaster Prevention Schemes from Residents' Standpoint : Making Comparisons of Japan and America
執筆形態 単著
掲載誌名 日本都市学会年報
出版社・発行元 日本都市学会
巻・号・頁 45,206-212頁
概要 日本の大規模防災体制の現状において行政組織と住民組織がどのように役割配置されているか、アメリカの制度を紹介しながら検討し、住民の視点から大規模災害対策の問題点を整理した。
 結論から言うと、現在の防災体制は近隣社会の自助・自立力を発揮する体制が未整備であり、減災の基本である逃げる体制の整備、なかでも避難誘導を任務としている消防団の強化が課題である。米国の長所から学んで改善を重ねる必要性がある。
ISSN 0911-4424