オオウチ タヅコ   OUCHI TAZUKO
  大内 田鶴子
   所属   社会学部 現代社会学科
   職種   特任教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2011/03
形態種別 論文
標題 コミュニティ活動へのGIS適用可能性について-アメリカミネアポリス市を参考事例として-
A GIS POSSIBLE APPLICATION FOR COMMUNITY GOVERNANCE IN JAPAN: A Case Study of Minneapolis, MN
執筆形態 単著
掲載誌名 江戸川大学紀要『情報と社会』
出版社・発行元 江戸川大学
巻・号・頁 (21),175-183頁
概要 この論文では、専門家以外の一般市民が地理情報システムという科学技術の恩恵にあずかるには、どのような可能性があるかアメリカ・ミネアポリス市の事例に基づきサーベイした。ミネアポリス市の近隣組織は、GISを衰退地域の発見のために用いている。アメリカではこのような利用方法で、GISが地域開発や地域活性化のツールとして欠かせないものになりつつある。また、アメリカの連邦政府が近隣レベルの統計情報と、ベースとなる地図をインターネット上で無料提供していることが、利用の促進に大いに寄与している。
ISSN 1341-5832