オオウチ タヅコ   OUCHI TAZUKO
  大内 田鶴子
   所属   社会学部 現代社会学科
   職種   特任教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1981/04/01
形態種別 論文
標題 マックス・ウェーバーの理念型−経験科学の方法論のための一試論
執筆形態 単著
掲載誌名 『社会学論考』第2号
概要 ウェーバーの理念型が,文化科学の因果認識に使用される概念であり,自然科学的普遍法則の概念とは異なることを確認した。しかし認識の過程のどこで主観性(意味)が入り込むのかウェーバーの主張を精査していくと,「理念型」の別の表現である「経験法則」が数量化されていない「普遍法則」の役割を果たしており,[諸現象を支配する客観的な何者か」という単純素朴な法則観に「意味」の問題を提起していることが明らかになった。
P72 〜P84