オオウチ タヅコ   OUCHI TAZUKO
  大内 田鶴子
   所属   社会学部 現代社会学科
   職種   特任教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2017/03
形態種別 論文
標題 最小議会の研究ー2016年イギリス調査による社会学的試論ー
執筆形態 単著
掲載誌名 江戸川大学紀要
掲載区分国内
出版社・発行元 江戸川大学
巻・号・頁 (27),343-351頁
概要 地域社会の流動性と個人化が進行する中での、開放的で安定的・統合的な近隣組織のモデルを見出すため、近隣住民のネットワークを国際的視野から比較研究し、日本の近隣組織(町内会)を継承して発展させるための論点を探ろうとしている。イギリスにはパリッシュ・カウンシルという伝統的な近隣組織(地方議会)が存在しているが、近年自主的な復活の動きがあり、英国政府も地方自治法に位置付けて結成を奨励し始めた。この新たな動きについて得られた知見を可能な範囲で整理した。(キーワード: 自治体・パリッシュ・議会)