サトウ タケシ   SATOU TAKESHI
  佐藤 毅
   所属   メディアコミュニケーション学部 マス・コミュニケーション学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1982/12
形態種別 その他
標題 透谷と義父昌孝―「惨憺たる一週間」を軸に―
執筆形態 単著
出版社・発行元 國學院大學創立百周年記念並びに 浪漫主義文学研究会二十周年記念公開記念会
概要 北村透谷という人物を形成するためにはどうしても二人の人物が必要であった。それは、幻境の老人秋山龍子(国三郎)であり、野津田の石坂昌孝である。昌孝は透谷夫人美那の実父で政治家であった。その昌孝の果たした役割を神奈川県史と新資料小島日記から考察し、当時の自由民権運動への影響力、家庭的には美那公歴姉弟への影響力をみて、その上で透谷への影響をみつめたものである。