サトウ タケシ   SATOU TAKESHI
  佐藤 毅
   所属   メディアコミュニケーション学部 マス・コミュニケーション学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1999/03/01
形態種別 論文
標題 フランスの馬琴顔見世
執筆形態 単著
掲載誌名 『駒木原国文』第10号
概要 1879年から4年間にわたりフランスの新聞『ル・モンド・イリュストレ』に滝沢馬琴の「お駒」(原題は「八丈綺談」)が翻訳連載された。翻訳及び挿し絵を担当したのがフェリックス・レガメである。日本の幕末にフランスの果たした役割を考えるとき、この事実は非常に興味深い。横浜海港史料館所蔵の新聞を精査しながら、近代日本が捨て去ろうとした滝沢馬琴が、何故フランスで長期に渡って連載され喝采を受けたかを論じたものである。