サトウ タケシ   SATOU TAKESHI
  佐藤 毅
   所属   メディアコミュニケーション学部 マス・コミュニケーション学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1980/12/01
形態種別 論文
標題 永井荷風と江戸回帰―フランス在住時からの試論―
執筆形態 単著
掲載誌名 國學院大學大学院『文学研究科論集』
概要 近代に至って江戸を意識的に見つめなおそうとする風潮が出た。所謂新(ネオ)浪漫主義と呼ばれるものである、そのオピニオンリーダーとして永井荷風が記憶される。若い時期から為永春永を愛読し、近世文学の耽溺には見はるものがあった。その無意識かつ潜在的な江戸回帰は、フランス在住時にふれた印象派の運動、ジャーポネーズによって意識化された。それがこの論の骨子である。