マツムラ トヨコ   MATSUMURA TOYOKO
  松村 豊子
   所属   メディアコミュニケーション学部 情報文化学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1989/12/01
形態種別 論文
標題 淑女が家庭の天使でなくなる時―『リトル・ドリット』の一考察

執筆形態 単著
掲載誌名 『文学研究』第17号 津田塾大学大学院文学研究科同人
概要 ディケンズの作品では概して中産階級の淑女が「家庭の天使」型のヒロインとして君臨しているが,1850年代60年代の作品ではしばしば労働者階級の娘たちが「家庭の天使」になっている。本作品のヒロインを形式上は淑女,実質的には労働者の娘として描くことで,作者が淑女の内的虚弱化及び中産階級の構造的矛盾を告発したことを同世代の作家及び彼の他の作品と比較し,論証した。