ノダ ミツル   NODA MITSURU
  野田 満
   所属   社会学部 人間心理学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2010/03
形態種別 論文
標題 「対象になる」ということ
執筆形態 単著
掲載誌名 江戸川学園人間科学研究所紀要
巻・号・頁 (26号),p.1-35頁
概要 心理学の実験において、刺激と身体との関係からみると、様々な領域の課題で身体化(embodiment)が求められていることを指摘した。その上で、対象になるレベルから、軽微な対象にあわせるレベルまで何段階かに分かれると想定した。既に報告している「ひきうつし」という現象も、「対象になる」ことのひとつとして考えられた。Printzの共通符号化アプローチを取り入れ、知覚される刺激と身体的運動のあり方を再考した。