ノダ ミツル   NODA MITSURU
  野田 満
   所属   社会学部 人間心理学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2008/03
形態種別 論文
標題 知覚を束ねる身体の役割
執筆形態 単著
掲載誌名 江戸川学園人間科学研究所紀要
巻・号・頁 (24号),p.81-115頁
概要 空間認知課題を解く上で、身体の役割を理論的に検討した。特に幼児や児童の場合は身体を補助的に用いる。自分か対象かどちらが優位にたつかで、用いる空間が異なるのではないかと論じた。つまり移動空間では自分が変わり、手操作空間では対象が変わるとした。準拠システムとして働く3種類の座標系を想定した。