トキ マサカズ   TOKI MASAKAZU
  斗鬼 正一
   所属   社会学部 現代社会学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2003/02
形態種別 論文
標題 「花見から見た都市、江戸・東京」
執筆形態 単著
掲載誌名 『情報と社会』第13号、
出版社・発行元 江戸川大学
巻・号・頁 57-67頁
概要 花見の名所が、都市と田園との境界的空間、山、寺社、墓地、水辺という日常空間との境界的空間であること、花見の宴の場が、屋外の、仮構的な、境界の曖昧な空間であること、宴の特徴が、非日常的振る舞い、酩酊、喧嘩、時間無視、変身、性的自由であることを指摘した。それはすなわち、文化によって統制された空間や、文化による人々への統制から逸脱し、他方で自然の生命力に触れ、死への接近、復活による擬似的再生を可能にするものであり、花見が、自ら作り出した都市と、そこでの生活という文化の枠組みの中で、