クロサキ テルト   KUROSAKI TERUTO
  黒崎 輝人
   所属   社会学部 人間心理学科
   職種   特任教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1977/03/01
形態種別 論文
標題 大嘗祭試論−「神祭儀礼」における神と王
執筆形態 単著
掲載誌名 日本思想史研究11
概要 新嘗祭における天皇神祭の神事と記紀神話の分析を通して、天皇がこの時に祭る神がタカミムスヒからアマテラスへと変化したこと、及びその意味を論じた。また、この変化が律令国家形成期と重なること、即ち皇祖神の交代が一般に考えられていたよりもはるかに新しい時代においてであることを論じた。