シバタ リョウイチ   SHIBATA RYOUICHI
  柴田 良一
   所属   社会学部 人間心理学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2004/07
形態種別 その他
標題 Nonverbal Elements of therapist Behavior(2):Video Analyses of Fresh Practitioner's Nonverbal Behaviors: Face to Face Looking and Nod
執筆形態 共著
掲載誌名 World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies 2004(Kobe)
概要 実験的に設定された面接場面におけるカウンセラーとクライエントの行動をビデを分析した結果では、カウンセラーは相手と視線を合わすことやうなづきが、適切に出来たと感じたときには、面接の自己評価がクライエントの評価が低くても、面接を高く評価する傾向にあることが明らかにされた。 また、クライエントの評価が高いカウンセラーの視線及びうなづき行動は面接においては、高く維持される傾向にある事が同時に明らかにされた。