フクダ カズヒコ   Fukuda Kazuhiko
  福田 一彦
   所属   社会学部 人間心理学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2012
形態種別 論文
標題 The effects of a nighttime nap on the error-monitoring functions during extended wakefulness.
執筆形態 共著
掲載誌名 Sleep
巻・号・頁 35,871-878頁
著者・共著者 Asaoka, S., Fukuda, K., Murphy, T. I., Abe, T. and Inoue, Y.
概要 覚醒時間の延長の影響をパフォーマンスとエラー関連電位(Pe, ERN)を元に検討するとともに、1時間の仮眠がそれらにどのような改善効果を持つかを検討した。覚醒時間の延長はパフォーマンスとエラー関連電位に影響を及ぼした。1時間の仮眠はパフォーマンスには改善効果を示したが、エラー関連電位には効果がなかった。したがって、1時間の仮眠はパフォーマンスには効果があるものの、エラー検出にはあまり影響がないということが分かった。