ツチヤ カオル   TSUTIYA KAORU
  土屋 薫
   所属   社会学部 現代社会学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2008/02
形態種別 論文
標題 「メディア・ビオトープ」の構築条件に関する考察 ー 神田神保町エリアの持つ可能性 ー
執筆形態 単著
掲載誌名 情報と社会
出版社・発行元 江戸川大学
巻・号・頁 (18),53-59頁
概要 多様なメディア構成と情報からゆるやかな情報クラスターが生成され、情報と人間とがアドホックに出会う場こそがメディア・ビオトープの1つの姿だとすると、その要件は「潜在性」にあり、アブダクション至る以前の「共感」段階にその本質がある。これは一種のマッチング・システムであるが、重要なのは結果ではなく、むしろ自己塑性されるセカンド・オピニオンを得るための、冗長性を保持するしくみづくりである。