ヤスダ ヒデト   YASUDA HIDETO
  安田 英土
   所属   社会学部 経営社会学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2008/06
形態種別 その他
査読 査読有り
標題 日系多国籍企業における海外R&D活動成果の本国移転要因に関する研究
執筆形態 単著
掲載誌名 2008年度組織学会研究発表大会報告要旨集
出版社・発行元 組織学会
巻・号・頁 239-242頁
概要 RBVアプローチに依拠して、海外R&D活動によって創出された知識の本国移転要因を分析した。移転要因として取り上げた視点は、(1)現地技術形成要因、(2)現地統率・管理要因、(3)成果伝達要因、(4)拠点特性要因である。分析の結果、技術面での現地自律性確立は移転を促進するが、現地マネジメントの自律性が高すぎると本国移転に対して逆効果である事が示された。従って、研究プロジェクト推進体制と組織運営体制の自律性をバランス良く確立することによって、現地で創出された知識が日本本国に移転されやすくなると言える。