フクイ ツギヤス   FUKUI TSUGIYASU
  福井 嗣泰
   所属   メディアコミュニケーション学部 マス・コミュニケーション学科
   職種   特任教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1992/09/01
形態種別 論文
標題 老性痴呆障害の早期発見の為の「SCREENINIG−TEST」の開発に関する研究II―日常行動の評価項目に対する自己・他者診断結果の因子分析的検討―
執筆形態 共著
掲載誌名 日本心理学会第57回大会発表論文集p.332
概要 記憶障害と関係すると考えられる行動や自己意識(自覚症状)を質問項目としてまとめ、ガットマン・カイザー基準によって因子数決め、主因子法、バリマックス回転を行うことにより因子の抽出と、自己・他者診断間の因子得点の相関に基づいて検討を加えた。その結果従来想定した因子として独立性の高い尺度項目を明らかにすることができた。福井嗣泰、中塚みゆき、城田和明 福井の担当部分 企画、調査の一部、統計処理の一部、結果の考察の一部