マツダ キヨミ   Matsu Kiyomi
  松田 清美
   所属   メディアコミュニケーション学部 こどもコミュニケーション学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2007/05
形態種別 論文
標題 保育者が語る子ども理解と援助(3)その1
―語り手からの検討―
執筆形態 共著
掲載誌名 発表論文集Vol.60
出版社・発行元 日本保育学会大会
概要 保育者が自身の保育について研究者に語ることの意味を、語り手である保育者の立場から探った研究である。保育者の語りは、外からは観察しえない保育者の体験の実感を表現しようとするものであるが、聴き手にとっても共有できるものとして提示されるものとして客観的資料としての意味をもつことを指摘した。また、保育者は語ることを通して保育者は保育の中での自己のありようを模索する。それは自己受容へとつながるものであり、保育者の語りは、省察の表現であることを明らかにした。(pp.66-67 吉村香・田中三保子・松田清美)