マツダ キヨミ   Matsu Kiyomi
  松田 清美
   所属   メディアコミュニケーション学部 こどもコミュニケーション学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2005/05
形態種別 論文
標題 昭和初期の「婦人之友」誌における子育てに関する検討―おむつ・一人寝・一人遊びと心理的側面の関係
執筆形態 共著
掲載誌名 発表論文集Vol.58
出版社・発行元 日本保育学会大会
概要 昭和初期の雑誌「婦人之友」の育児に関する記事において、西洋の科学的育児法に倣って早期の排泄の自立が目指され、一人寝・一人遊びが推奨されている点に焦点を当て分析した。その根拠が母親の負担軽減から子どもの心理的側面への好影響や子どもの将来への望ましさへとシフトし、子どもの教育に責任を負う母親を駆り立てるものであったことを指摘した。
(pp.716-717 仲明子・松田清美・田代和美の共同発表)