セイノ タカシ   SEINO TAKASHI
  清野 隆
   所属   社会学部 現代社会学科
   職種   講師
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2008/07
形態種別 論文
標題 歴史的都市保全における建築規制と都市像の関係
執筆形態 共著
掲載誌名 「学術講演梗概集 F-2建築歴史・意匠2008」
出版社・発行元 日本建築学会
巻・号・頁 773-774頁
担当範囲 共著者と調査・分析方法を検討した上で、論文全体の執筆、図表の作成を担当した。
著者・共著者 清野隆、杉田早苗、土肥真人
概要 イタリア共和国ウルビーノ市における歴史的地区の保全計画を分析した結果をまとめたものである。ウルビーノ市で1964年と1983年に作成された歴史的地区の保全計画の内容を分析して、両者の差異を明らかにしている。分析の結果、両者は重要なモニュメントを保護しようとする点で共通しているが、それ以外の歴史的建築物の保全方法に大きな差異がみられ、前者は住宅機能を向上させるために一定の改修を許容しているのに対して、後者は建築的価値を保護するために厳密な修復のみを許容していることが明らかにされている。