セイノ タカシ   SEINO TAKASHI
  清野 隆
   所属   社会学部 現代社会学科
   職種   講師
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2012/07
形態種別 論文
標題 東日本大震災後の漁村集落における復興プロセスに関する調査研究 その1 漁村集落A 浜における自助・自律的な空間形成
執筆形態 共著
掲載誌名 「学術講演梗概E-2 建築計画II 住居・住宅地 農村計画教育2012」
出版社・発行元 日本建築学会
巻・号・頁 105-106頁
担当範囲 共著者と調査・分析方法を検討した上で、論文全体の執筆、図表の作成を担当した。
著者・共著者 清野隆、山田義文、青栁聡
概要 本研究は、東日本大震災で甚大な被害に遭った漁村集落における復興プロセスを明らかにし、自助・自律的な空間形成という観点からその意義を考察している。具体的には、2012年2、3月に地域住民へのヒアリング調査と現地踏査を実施し、震災発生から約1年後の集落空間の変化を明らかにし、漁業を営む地域住民が政府による支援メニューを活用しながら、漁業の再開し、自助・自律的に漁業関連施設を再建してきたことを明らかにしている。