ヤギ トオル   YAGI TORU
  八木 徹
   所属   メディアコミュニケーション学部 情報文化学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2011/03
形態種別 論文
標題 Importance Samplingを用いたBasis Quantum Monte Carlo法の定式化
執筆形態 単著
掲載誌名 江戸川大学紀要「情報と社会」
巻・号・頁 (21),259-266頁
著者・共著者 八木 徹
概要 Basis Quantum Monte Carlo(BQMC)法に対して Importance Sampling を導入した。Importance Samplingの重み関数としては通常のBQMC法の結果から得られる波動関数を利用して定式化を行った。具体的な遷移確率として,拡散項とフェルミ孔項にQuantum forceによるドリフト移動が反映され,分岐項には局所エネルギーが含まれる結果が得られた。さらにImportance Samplingを行うBQMC法の繰り返しの式が得られた。この結果は,BQMC法においてより高い精度で計算を行うための重要な基礎となる