ヤギ トオル   YAGI TORU
  八木 徹
   所属   メディアコミュニケーション学部 情報文化学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2010/12
形態種別 論文
査読 査読有り
標題 浮遊粒子状物質の可視化:RAWデータ処理方式

A Photographic Approach for Visualization of Suspended Particulate Matter: Data Processing of RAW Format
執筆形態 共著
掲載誌名 J. Comput. Chem. Jpn.
出版社・発行元 Society of Computer Chemistry, Japan
巻・号・頁 9(5),219-230頁
著者・共著者 ◎青山 智夫, 八木 徹, 神部 順子, 長嶋 雲兵, 中山 榮子
概要 デジタルカメラを用いる浮遊粒子状物質(Suspended Particulate Matter, SPM) 可視化技術により黄砂,ヘイズの分布構造が明らかになってきた.その限界を10倍以上に拡大させる新技術を開発した. 画像を32ビット浮動小数点形式の配列として表現し, 不可視の大気中の希薄なSPM分布がカラーで画像化できる.さらにバンドパス・フィルタを併用すると,モノクローム画像になるがダイナミックレンジはさらに数倍拡大し,SPMと大気中のH2Oとの相互作用が可視化できる.これはSPMの可視化研究にブレークスルーを起こさせうる技術である.