タカネザワ ノリコ   TAKANEZAWA NORIKO
  髙根沢 紀子
   所属   メディアコミュニケーション学部 こどもコミュニケーション学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2004/11
形態種別 論文
招待論文 招待あり
標題 「世界の片隅で、名前をさけぶ――鷺沢萠」
執筆形態 単著
掲載誌名 「国語教室」
掲載区分国内
出版社・発行元 大修館書店 国語教育編集室
巻・号・頁 50-53頁
概要 平成16年4月に自ら命を絶った鷺沢文学の意義を唱えたもの。教科書にも起用されている彼女の作品には家族、ことに父親の問題が大きく取り上げられていた。父への拘りは彼女自身への拘りでもあった。ゆえに朝鮮にルーツを持つ彼女は《名前》に拘りつづけたことを作品から炙り出しつつ、それを在日問題や少年犯罪と重ね合わせて意味づけ、その創作活動が短いものであり、その叫びが小さいものであっても、多くの読者の世界を変える叫びであったことを論じた。