タカネザワ ノリコ   TAKANEZAWA NORIKO
  髙根沢 紀子
   所属   メディアコミュニケーション学部 こどもコミュニケーション学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1997/06
形態種別 著書
標題 『川端文学への視界11』
執筆形態 共著
掲載区分国内
出版社・発行元 教育出版センター
巻・号・頁 62-78頁
著者・共著者 福田淳子、関口のぞみ、細島大、河野基樹、髙根沢紀子、深澤晴美、野村昭子、西野浩子、奥村紀美、中沢一、羽鳥徹哉、野末明、原善、田村嘉勝、平山三男
概要 「ある人の生のなかに」論の頁を執筆(査読付)。これまで評価の低かったこの作品を、主人公御木が小説家として登場することや、他の作品の要素を多分に含んで いることに着目し、「山の音」 「弓浦市」「美しさと哀しみと」等 の作品と比較することで、「ある人の生のなかに」の川端作品における重要性を明かにしたもの。