クマタ ナミコ   KUMATA NAMIKO
  熊田 凡子
   所属   メディアコミュニケーション学部 こどもコミュニケーション学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2021/06
形態種別 著書
標題 『100年前のパンデミック 日本のキリスト教はスペイン風邪とどう向き合ったのか』
執筆形態 共著
掲載区分国内
出版社・発行元 新教出版社
総ページ数 191
担当範囲 94-117頁
著者・共著者 神田健次・戒能信生・堀成美・三好千春・李元重・辻直人・熊田凡子・上中栄
概要 新型コロナ・ウィルス(COVID-19)の感染工大に伴う中これまでの感染症の歴史を振り返り、100年前のパンデミックでもあったスペイン風邪大流行の時の日本のキリスト教界はどのような罹患状況にあり、いかなる対応をしたのかという問題意識の下、富坂キリスト教センターの共同研究において調査及び論議を重ねた。その成果として発刊したものである。分担執筆者熊田凡子は、日本のキリスト教幼稚園におけるスペイン風邪インフルエンザの実態とその影響について、日本の幼児教育の導入・発展に貢献したアメリカ・プロテスタント系女性宣教師の報告書(J.K.U年報)の記述内容から分析・考察した。