クマタ ナミコ   KUMATA NAMIKO
  熊田 凡子
   所属   メディアコミュニケーション学部 こどもコミュニケーション学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2017/02
形態種別 論文
標題 「乳幼児期における『触れる』育ちについて―マリア・モンテッソーリの感覚の観点から―」
執筆形態 単著
掲載誌名 『北陸学院大学・北陸学院大学短期大学部『教職課程研究』
掲載区分国内
出版社・発行元 北陸学院大学・北陸学院大学短期大学部
巻・号・頁 (3),19-24頁
概要 マリア・モンテッソーリの感覚の観点を手がかりに、今日の教育・保育における、乳幼児期の「触れる」育ちの見方について考察した。新生児は生後間もなく精神(こころ)の生活が始まっており、内側で心地よいと感じる秩序を敏感にしていくことは大事である。秩序感覚(精神と感覚器官の動き)を捉えたマリア・モンテッソーリの感覚の観点は、今日の乳児保育等に携る教育・保育者の人間学及び教育学的実践につながる示唆を与える。