ヨシナガ アキヒロ   Yoshinaga Akihiro
  吉永 明弘
   所属   社会学部 現代社会学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2012/12
形態種別 論文
標題 リスク論のアメニティ論への援用
執筆形態 単著
掲載誌名 アメニティ研究
出版社・発行元 日本アメニティ研究所
巻・号・頁 (11・12),1-4頁
概要 シュレーダー=フレチェット『環境リスクと合理的意思決定』におけるリスク論の枠組みが、「アメニティ」を考えるうえでも有用であると主張した。この本で彼女は「素朴実証主義」と「文化的相対主義」を批判し、「科学的手続き主義」を提唱しているが、それはアメニティ論においては、「設計主義」と「価値中立主義・自由放任主義」を批判して、地域の自然環境の情報や歴史・文化、そして地域住民の価値観をすり合わせて、あるべきまちの姿を複数提示して議論すべきという主張になることを示した。