ハヤシ カオリ   HAYASHI KAORI
  林 香織
   所属   メディアコミュニケーション学部 マス・コミュニケーション学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2019/03
形態種別 論文
標題 大学生が好む言語表現-全国高校生ケータイ韻文&キャッチフレーズコンテスト受賞作品に関するアンケート調査から-
執筆形態 共著
掲載誌名 江戸川大学紀要
掲載区分国内
出版社・発行元 江戸川大学
巻・号・頁 29,177-186頁
総ページ数 10
担当範囲 質問紙調査の設計・実施・分析
著者・共著者 林香織,佐藤毅,井上一郎
概要 大学生の読書離れが取り上げられ,リメディアル教育の研究領域では,本を読む=インプットが足りないために,語彙力が不足することが先行研究で指摘されている。しかし,大学生を含む10 ~ 20 歳代のスマホ利用率は他の年代を凌駕し,SNS の利用も他世代を牽引している。SNS のコミュニケーションは,基本が文字のコミュニケーションである。本を読まないからといって,言語に関する感覚も鈍るものなのだろうか。本研究では,本学が主催する2018年「全国韻文&キャッチフレーズコンテスト」の受賞作品を用いて,大学生が好む言語表現についてアンケート調査を行った。その結果,表現に対する好みは,年間の読書の有無にあり,読書をするグループは,作り手の気持ちを想像する能力が,そうでないグループに比べてある可能性が示唆されたこと,また,本を読む学生ほど韻律・リズムの良い作品を「作者の気持ちが伝わる」「印象に残る」と評価する傾向にあることがわかった。